So-net無料ブログ作成

デュドランジュ×ミラン(18-19 UEFA EL GL1節) [AC MILAN(ミラン)]

ミランのスタメン
GK:レイナ
DF:アバーテ
DF:カルダーラ
DF:ロマニョーリ(C)
DF:ラクサール
MF:バカヨコ
MF:マウリ
MF:ベルトラッチ
FW:カスティジェホ
FW:イグアイン
FW:ボリーニ

前半


後半
デュドランジュ 0-1 ミラン
0-1 59分 イグアイン

ミランの選手交代等
70分 ベルトラッチ→ケシエ
80分 マウリ→チャルハノール
87分 ボリーニ→ハリロビッチ

DAZNで見逃し再生しましたが
ガットゥーゾ監督が言うように
勝ったことを良しとする内容。

いわゆるサブのメンバーを
多く投じて迎えた試合で
なかなか均衡が破れなかったのと

2人目までの交代が
レギュラーメンバーを投じて
トドメを刺しに行った成果が
でなかったことを合わせての寸評です。

18-19 UEFA EL
グループF順位表
1:勝点3 ミラン(+1)
2:勝点1 ベティス(0)
2:勝点1 オリンピアコス(0)
4:勝点0 デュドランジュ(-1)

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

20180921 B'z LIVE-GYM 雑記 [Pastime]

2018年9月21日(金)
味の素スタジアムで行われました
fantasista2374.jpg
B'z LIVE-GYM Pleasure 
2018 -HINOTORI-を
見に行ってきました。

オープニング映像:
歴代ライブ映像ダイジェスト

01:ultra soul
02:BLOWIN'
B'zのLIVE-GYMにようこそー!

03:ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~
04:TIME
05:love me,l love you
・【1st Quarter】
ついにこの日を待ちわびた高揚感に
過去のライブ映像が燃料を注ぎ
そこで鳴った「ultra soul」のイントロで
涙腺が緩む+胸が熱くなる

銀ベスト「Treasure」収録曲で
02:03:04:と畳みかけてくる中
金ベスト「Pleasure」の05で
最初の「Pleasure=快楽」
を得て1Q終了。


06:光芒
07:もう一度キスしたかった
08:恋心(KOI-GOKORO)
09:OH! GIRL
10:イチブトゼンブ
・【2nd Quarter】
デビュー30周年のこの年に
葛藤を歌う光芒(こうぼう)が
入っていたのが感慨深かったし
そこに初期の名曲「もう一度~」
のコンボで再び涙腺緩みタイム

一転してファン投票で収録曲を
決めた銀ベスト「Treasure」の
ファン投票1位恋心は歌う前に
サビの振り付けを稲葉さん自ら
レクチャーしてくれる特典付

対外フェスで結構歌われる
イチブトゼンブで前半戦終了


11:ZERO
12:星に願いを(TAKギターソロ)
~ALONE
13:LOVE PHANTOM 
~HINOTORI
~LOVE PHANTOM
・【3rd Quarter】
ZEROの間奏で稲葉さんを
ピンポイントで映すカメラマンと
イザコザが始まりカメラを
取り上げた稲葉さんが
映した被写体は木村拓哉さんでした。

大歓声が上がる中ZEROの
間奏ラップを二人で熱唱する
(「人のすることに文句ばかり付ける~」
の歌詞カードにないあの部分です)

演奏終了後、木村さんは
「30周年おめでとうございます。」
の言葉の後稲葉さんとはハグ
松本さんとは握手を交わし
颯爽と去って行きました。

木村さんに負けじのいい男集団
メンバー紹介の後松本さんの
ギターソロ「星に願いを」

松本さんが立っていた場所に
稲葉さんの演奏する
グランドピアノがせり出し
ALONEが始まり一番途中まで
松本さんがピアノの上で仁王立ち

30周年インタビューの一環で
(続編やアンサーソングではない)
女性目線でLOVE PHANTOMの
世界観を踏襲した新曲
HINOTORIの一部をメドレー方式で
LOVE PHANTOM の2番に
組み込まれ歌われる。

最後はLOVE PHANTOMに
扮した稲葉さんがステージ上方に
上り、ステージ下へダイブする
伝説のシーンが再現され
涙腺が崩壊し3Q終了。


14:Real Thing Shakes
15:juice
16:BAD COMMUNICATION
17:Pleasure 2018 -人生の快楽-
【4th Quarter】
Spirit LOOSEツアーで使われた
カーチェイスのムービーから
Real Thing Shakesを一番だけ

juice間奏のコール&レスポンスで
NATIVE DANCE(千手観音みたいな
あの踊り)と太陽のKomachi Angel
(Angelやyeah!yeah!)が取り入れられる

ジュース缶を模したバルーンが
客席上空をいくつもさまようが
見た目の大きさに臆し強く
弾いてしまうため結局一回も触れず

BAD COMMUNICATIONの
高揚感から本編最後に
演奏されたPleasure 2018

Pleasureツアー毎に
2番のAメロが改変され
原曲91の「あいつ」は

「忘れた頃にかかってきた
電話で悟ったようにあいつも
誰かのために生きる喜びを
今さらながら知ったと言った」

紆余曲折を経てこのような
心境に達したらしい
これにて4Q(本編)終了

アンコール
18:Brotherhood
19:愛のバクダン
20:RUN
せーの、お疲れ―!

【Encore】
・会場最後方から登場し
陸上トラックを練り歩いた後
後方ステージに登場

松本さん「あなたたちが我々の
PleasureでTreasureです。」

稲葉さん「30年前、デビューしてよかった。」
謝辞を述べた後Brotherhood熱唱

曲の途中で再び陸上トラックを
練り歩きメインステージ上がった後
残り2曲を歌い上げました。

最後のRUNが始まるとき
fantasista2375.jpg
感謝の文字が刻印された
テープが飛んできました。

続きを読む


nice!(0) 
共通テーマ:音楽

2018-19セリエA 第4節の結果と順位(暫定) [セリエA(SerieA)]

2018-19セリエA参加クラブ
(昨シーズン順位で記載)
01:JUVENTUS(ユヴェントス)
02:NAPOLI(ナポリ)
03:ROMA(ローマ)
04:INTER(インテル)
05:LAZIO(ラツィオ)
06:MILAN(ミラン)
07:ATALANTA(アタランタ)
08:FIORENTINA(フィオレンティーナ)
09:TORINO(トリノ)
10:SAMPDORIA(サンプドリア)
11:SASSUOLO(サッスオーロ)
12:GENOA(ジェノア)
13:CHIEVO VERONA(キエーヴォ・ヴェローナ)
14:UDINESE(ウディネーゼ)
15:BOLOGNA(ボローニャ)
16:CAGLIARI(カリアリ)
17:SPAL(スパル)
18:■EMPOLI(エンポリ)
19:■PARMA(パルマ)
20:■FROSINONE(フロジノーネ)
(■セリエBからの昇格組)

2018-19セリエA 第4節の結果

インテル 0-1 パルマ

ナポリ 1-0 フィオレンティーナ

フロジノーネ 0-5 サンプドリア

ローマ 2-2 キエーヴォ

ジェノア 1-0 ボローニャ

ユヴェントス 2-1 サッスオーロ

ウディネーゼ 1-1 トリノ

エンポリ 0-1 ラツィオ

カリアリ 1-1 ミラン
SPAL 2-0 アタランタ

【Topics】
Kazu以来約25年続いた
セリエAプレーヤーが
ゼロになった影響で
当然と言えば当然ですが
日本のサッカーメディアが
扱う量も減りました。

なので今シーズンの
【Topics】の取り扱いを
どうするか思案中です。

イタリア・セリエA 2018-19
第4節終了時順位
=01:勝点12 ユヴェントス
↑02:勝点9 SPAL
↑03:勝点9 ナポリ
↓04:勝点7 サッスオーロ
--------------------【CL】
↑05:勝点6 サンプドリア※
--------------------【EL】
↓06:勝点6 フィオレンティーナ※
--------------------【EL予選】
↑07:勝点6 ジェノア※
↑08:勝点6 ラツィオ
=09:勝点5 ローマ
=10:勝点5 トリノ

=11:勝点5 ウディネーゼ
=12:勝点5 カリアリ
↓13:勝点4 アタランタ
↓14:勝点4 インテル
↓15:勝点4 ミラン※
↓16:勝点4 エンポリ
=17:勝点4 パルマ
--------------------【降格】
=18:勝点1 ボローニャ
=19:勝点1 フロジノーネ
=20:勝点-1 キエーヴォ(-3)
※試合未消化

※キエーヴォ・ヴェローナは
不正会計発覚のペナルティで
総勝点から3点を剥奪。
(4節終了時2分2敗の
勝点2からペナルティ-3
なので勝点-1表記)

※最終順位6位のクラブは
UEFA EL予選2回戦へ進出
(予選を勝たないとEL
本戦に出場出来ない)

次節(5節)対戦予定
サッスオーロ×エンポリ
パルマ×カリアリ
フィオレンティーナ×SPAL
サンプドリア×インテル
トリノ×ナポリ
ボローニャ×ローマ
キエーヴォ×ウディネーゼ
ラツィオ×ジェノア
ミラン×アタランタ
フロジノーネ×ユヴェントス

nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

カリアリ×ミラン(18-19 第4節) [AC MILAN(ミラン)]

ミランのスタメン
GK:G・ドンナルンマ
DF:カラブリア
DF:ムサッキオ
DF:ロマニョーリ(C)
DF:R・ロドリゲス
MF:ケシエ
MF:ビリア
MF:ボナヴェントゥーラ
FW:スソ
FW:イグアイン
FW:チャルハノール



前半


後半
カリアリ 1-1 ミラン
1-0 04分 ジョアン・ペドロ
1-1 56分 イグアイン

ミランの選手交代等
66分 ボナヴェントゥーラ
→バカヨコ
73分 チャルハノール
→カスティジェホ
84分 R・ロドリゲス
→ラクサール

ミランに限らずプロビンチャ
(中小規模クラブ)が
積極果敢な機動力サッカーを
してくると手こずる場面に
よく出くわすわけですが
この試合はまさにそれで

こぼれ球に鋭く反応できた
イグアインの個の力がなければ
ウノゼロ(1-0)で負けていた
可能性もあった試合でした。

ナポリ、ユヴェントスと
渡り歩いてきた
イグアインは別として

その他の新加入選手
特に交代で投入された
選手が読まれ・守られで
手詰まりになった先発陣を
手助けできるようにならないと
厳しいかなと思いました。

新加入ですから慣れるまで
時間が掛かるのは承知ですが
戦力として計算できている
クトローネが代表戦で
怪我し今節欠場したのに続き

今節、途中で交代した
チャルハノールにも怪我の
疑いが出てきたこのタイミングで
連戦が続くのである程度
フィットする姿は見せて欲しいところ

ACミランの2018-19
シーズン成績
3試合1勝1分1敗 勝点4

「2018-19 ミランセリエA全日程」

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

ポルトガル×イタリア(UNL 2018/09/11) [イタリアカルチョ(代表・連盟他)]

U:UEFA
N:NATIONS
L:LEAGUE

イタリアのスタメン
GK:ドンナルンマ(ミラン)
DF:ラッツァーリ(SPAL)
DF:カルダーラ(ミラン)
DF:ロマニョーリ(ミラン)
DF:クリシート(ジェノア)
MF:クリスタンテ(ローマ)
MF:ジョルジーニョ(チェルシー)
MF:ボナヴェントゥーラ(ミラン)
FW:ザザ(トリノ)
FW:インモービレ(ラツィオ)(C)
FW:キエーザ(フィオレンティーナ)



前半


後半
ポルトガル 1-0 イタリア
1-0 48分 A・シウヴァ

イタリアの選手交代等
58分 インモービレ→
ベラルディ(サッスオーロ)
74分 クリシート→
エメルソン(チェルシー)
79分 クリスタンテ→
ベロッティ(トリノ)

Presented by
イタリア代表公式
You Tube Channel
正規放送が日本ではない
UEFA ネーションズリーグなので
細かい内容に言及できないので
イタリア代表公式You Tubeの
ダイジェスト頼みになりますが

「ミラン脱藩浪人」A・シウヴァに
ゴールを決められCB2人とGKが
現ミラン所属だけにミランの紅白戦?
と目を疑う結果が出てきました。

ネーションズリーグ2戦の
戦力配分を見ると
戦力を固定するよりかは
いろいろな選手を起用する
テストマッチ(親善試合)
っぽさが色濃く

それで勝点を取りこぼして
しまう結果だとグループ
最下位はリーグBに
降格があるこの大会で
果たしてこの布陣や戦法で
良かったのか?疑問が残ります。

3チームで競う中いち早く
2戦を消化してこの結果なので
早めに立て直しして欲しいですね。

UNL リーグA 
グループ3順位
↑1:ポルトガル
1試合1勝 勝点3(+1)
↓2:ポーランド
1試合1分 勝点1(0)
↓3:イタリア
2試合1分1敗 勝点1(-1)

※1位は各グループ1位との
プレーオフに進出
(優勝賞品EURO出場権)
最下位(3位)はリーグBへ降格

nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ