So-net無料ブログ作成

ナポリ×ミラン(18-19 第2節) [AC MILAN(ミラン)]

ミランのスタメン
GK:G・ドンナルンマ
DF:カラブリア
DF:ムサッキオ
DF:ロマニョーリ(C)
DF:R・ロドリゲス
MF:ケシエ
MF:ビリア
MF:ボナヴェントゥーラ
FW:スソ
FW:イグアイン
FW:ボリーニ



前半


後半
ナポリ 3-2 ミラン
0-1 15分 ボナヴェントゥーラ
0-2 49分 カラブリア
1-2 53分 ジエリンスキ
2-2 67分 ジエリンスキ
3-2 80分 メルテンス

ミランの選手交代等
58分 ビリア→バカヨコ
70分 ボリーニ→ラクサール
82分 ボナヴェントゥーラ→クトローネ

ジェノバの高速道路崩落事故で
ジェノア戦が延期になったので
この2節ナポリ戦が実質開幕戦

2007年ミランが最後に欧州を
制覇したとき監督だった
アンチェロッティが
ナポリの監督として
MFとして粉骨砕身していた
ガットゥーゾがミランの
監督として対戦。

2-0と先制・リードしながら
ポーランドの選手に2得点
ベルギーの選手に決勝点を
決められるというどこかで
見覚えがある人ごととは
思えない結果になりました。

モントリーヴォもロカテッリも
攻撃の指揮棒を振るとき
苦慮したガーディアン
(守護者)不在に
ビリアというアンカーも
苦慮する形になりました。

攻撃に重きを置くケシエと
ボナヴェントゥーラだとビリアの
ところが手薄になって狙われやすいので
バカヨコとビリアが並んだときどうなるか?
もう少し様子を見てみましょう。

前線は今年も至宝スソからの
起点に頼る形となりましたが
出場停止だった妖刀チャルハノール
(の右足)の復帰を待ち

敗戦の中で収穫だった
状況に応じて左サイドの
バック・ハーフ・ウイングをこなせる
一人ゼンデン:ラクサールの
オールマイティさを生かすこと☆カナ?

今節ナポリ戦はDAZNが
生放送でスカパーが
録画放送でしたが
次節ローマ戦はスカパーが
独占放映権を取得し
DAZNは配信すら無さそうなので
結局今シーズンもスカパーとDAZNの
「口惜しの二重課金
(うるわしのカメリア調)」
にならざるを得なさそうです。
(⌒(´・▲・`)⌒)

ACミランの2018-19
シーズン成績
1試合1敗 勝点0

「2018-19 ミランセリエA全日程」

nice!(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0